teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


愛媛の河辺町に行きました

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年11月 4日(日)21時40分2秒
  この土日、愛媛県の大洲市にある河辺町と言う所に行きました。
この週末は小春日和というか、暖かでした。
まず、車で大洲に行き、大洲城と臥龍山荘を散策しました。
まだ紅葉はそれほどしていませんでしたが、肱川の清流の美しさは十分堪能しました。
別に狙ったわけではないのですが、ちょうどお祭りをやっていて、通りでは太鼓の音色と共に獅子舞が家々を回っていたりして、楽しい休日を過ごすことができました。
ペコポン横丁では昔懐かしい駄菓子とか、おもちゃとかが出店で売られていましたが、私は手作りの民芸品を買ってしまいました。名物の「しぐれ餅」も買いました。
それから河辺町のふるさとの宿という、昔、小学校だったところを宿泊施設に改造したところに泊まりました。
お風呂も広くて、食事も良かったです。坂本龍馬の脱藩のルート上にあった場所ですが、竜馬にちなんでキジ鍋とかも食べました。地酒もうまくて、結構酔っいました。

11/4朝
川のせせらぎのみが聞こえる静かな夜でした。
昨晩は地酒を飲みながら、カープの試合を見ていましたが、また今年も日本一を逃してしまいました。
タナ、キク、マルがシリーズ始めから元気がなかったのが気になっていましたが、オーダーを変えることもなく、最後まで使い続けた結果がこれですかね。
勢いだけで勝ち続けることには限界があります。行き詰っていれば、監督の適切な采配が刺激になることもあります。
現状を打破しようと思えば、思い切ったことも必要かもしれません。
今年もまた、カープは忘れものを取り返すことはできませんでしたが、来年もAクラスに入れば、チャンスはあります。来年こそはがんばってほしいです。

四国はホント、おもてなしの国です。いつも来るたびに癒されます。
日常の忙しさにかまけて、忘れていた何かを取り返すにはいいところです。
今朝は宿の周りを散策しましたが、桜の狂い咲きも堪能しました。

https://s.mypocket.ntt.com/F2FlB9

 
 

秋本番

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年10月20日(土)15時32分1秒
  ようやく台風シーズンも去ったかと思ったら、朝晩、めっきり寒くなりました。
毎週末に雨が降っていたのが、ようやく秋晴れの週末を過ごせるようになりました。
涼しい風と共に、遠くから祭りの太鼓の音が聞こえて、郷愁を誘います。
会社のプロジェクトも一段落して、これからは少しは楽になりそうな気もします。
今年もあと2ヶ月となりました。今年は災害に見舞われた年でしたが、もう来ないことを祈ります。
せっかくの良い季節なので、散歩でもして、体重を少しでも減らしたいです。
 

台風25号接近中

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 9月30日(日)07時18分42秒
  9月最後の土日に、今シーズンのラスボスみたいな超大型台風が、南から列島を縦断するルートでやってきています。
今年は7月に豪雨災害があって、しばらく猛暑が続いたのですが、9月になってこれでもかこれでもかと大型の台風がやってきました。
まだ地盤が固まっていないところが多く、せっかく直った道路が再び分断されないか心配です。
今年ほど、台風におびえた年はなかったと思います。しかもなぜか週末にやってきて、せっかくの休みも台無しです。
外に出かけられませんが、逆に不要不急の外出は避けなくてはなりません。
時々雷鳴が悪魔の咆哮のように聞こえてきます。しかしまだ序の口。これからさらに本州に近づいてきます。雨脚も強くなって、何か7月の豪雨に似てきました。

急に寒くなってきました。もう長袖の服を着なくては風邪ひきそうです。昨晩は毛布を出しました。季節の代わり目には、大雨が降るのでしょう。
雨の日も家でのんびりと過ごせればいいのですが、その家が安心できるかどうかわかりません。
突然、裏山が崩れて土砂が流れ込んできたら、ひとたまりもありません。自然環境の良い場所は、自然の脅威に晒されやすい反面があります。

ところで広島カープもようやく優勝しました。じらされましたが、最後は大量リードの良い勝ち方でした。
昨日のG戦は広島にとっては消化試合のようなものですし、GにとってはCS入りを勝ち取れるかどうかの瀬戸際ですから、絶対Gが勝つと思ってTVを見ていましたが、結局シーソーゲームを制したのは広島なんですね。広島にとっては、手を抜いても勝ってしまったという感じでしょうか。控えの投手ばかり出ていましたし。
これでDeNAとGが同率3位になりました。森永卓郎さんが今年もCSで横浜と広島が戦うと予言されていましたが、当たりそうになってきましたね。そうなれば去年の悪夢が再来するのか、雪辱を果たすのか。台風と同じく、まだまだシーズン終わったわけではありませんから、気が抜けません。
 

カープ優勝かな

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 9月24日(月)13時59分28秒
  秋雨前線に覆われてスッキリしない天気が続いています。
夏風邪から転じた気管支炎が、まだ完全に治っていないせいか、何か心までふさぎ込んでしまいます。

せっかくの3連休、特に何をするわけでもありませんでしたが、録りだめしたビデオを見たりして、のんびりできました。
昨日は呉の街に出てぶらぶらした後、ホテルの屋上でバーベキューを楽しみました。多分、今年最後の屋外バーベキューになるでしょう。

私の高校は呉の高校でしたが、放課後は勉強もせず、意味もなく呉の商店街を端から端まで歩いたものでした。雰囲気は当時とあまり変わっていない気もします。
これ以上さびれるのは嫌ですが、できればこのままずっと変わってほしくない、私のタイムカプセルのような街です。

朝晩、だいぶ涼しくなりました。
散歩をするのにもいい季節になりました。飲み食いした分、痩せなくてはならないのですが、いままで暑すぎて、とても歩く気になれませんでした。
この夏は仕事のストレスや、災害による通勤の渋滞のストレスで、自暴自棄的にアルコールを飲むことも多かったので、これからはがんばって運動しなくてはなりません。
しかし、たまに散歩すると気分いいですね。
曼珠沙華の赤い花も、田んぼのあぜ道に所狭しと咲いて、もうそんな季節になったんだと感じます。稲も頭を垂れて、あとは刈られるのを待つばかりです。
昼間の長さもだんだん短くなってきましたし、なんか余計に寂しく感じてきますが、まだまだ人生のたそがれではありません。

広島カープも初の3連覇に向けて、いよいよ大手をかけました。今日にでも優勝するかもしれません。
相手はベイスターズですが、何とか決めてほしいです。ベイスターズも投手力もありますし、強敵です。今年もCSに残れば怖い相手ですが、今年こそ日本一を目指すためには負けられません。いい戦いを期待しています。
 

深谷に来ています

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 9月 5日(水)21時33分30秒
  急な出張が入って、埼玉の工場に来ています。
6月くらいに来たのですが、9月になってまた来ました。
今回は深谷のホテルに泊まっています。久しぶりですが、いいところですね。
工場のみんなも来るたびに歓迎してくれて、ありがたいです。

台風は過ぎ去りましたが、大阪は大変だったみたいですね。
明日はもう帰らなくてはなりません。
有休取って、土日までゆっくりしたいですが、そういうわけにも行きません。
私も残念ですが、申し訳ありません。
 

台風21号接近中

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 9月 4日(火)05時23分52秒
  まだ上陸していないみたいですが、これから風雨が強くなるのでしょう。
その前に会社に行った方がよさそうです。
例の道路が川になった道が通れるようになりました。
さっそく通勤で使っていますが、爪痕があちこちに残っていて、災害のすさまじさを感じます。
山肌が怪獣の鋭い爪でえぐられたようにV字型の谷になっている所が、あちこちにありました。
土台のえぐれた家とか、もぬけの殻になった店舗とか、土砂に埋まって放棄された家とか、TVのニュースは本当だったんだなと今更ながら感じ入ります。ガードレールに花束が供えられていたりすると、ここで亡くなられたのかなと、しみじみしてしまいます。
突発工事で復旧されたのか、道路のあちこちにまだ陥没しそうな個所は残っていますが、渋滞緩和のためには使わざるを得ません。
願わくば台風の影響があまりないことを祈るのみです。
 

旅の思い出

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 8月27日(月)11時05分20秒
  平成の夏の最後の土日、残暑が厳しかったです。
しかし、マイントピアの坑道の中は涼しく、外に出たくないほどでした。自然の中でのんびりと過ごせたと思います。
海や山や川がきれいでした。自然は時々牙をむきますが、普段は恵みをもたらせて頂いております。
山の神に恐れを抱きながらも、自然と共存して、将来に伝えていきたいと思います。
時間があれば石鎚山の近くまで行きたかったのですが、またいつかにしたいと思います。
ちょうどNHKの小さな旅で、石鎚山を特集していたんですね。私も録画で見ました。それぞれに思いを抱きながら、古くから信仰の山として崇められてきたんですね。
瀬戸内海を航行する船にとっても、昔は沿岸の山や島などが目印となって、航海を続けてきたのでしょう。

2日目は大三島に立ち寄って、福山に行きました。
大三島では、ところミュージアムという現代アートっぽい美術館に行きました。小さな美術館ですが、のんびりと海を見ながらインスタントコーヒーが飲めたのがよかったです。
福山ではまず、県立歴史博物館(草戸千軒ミュージアム)と言う所に行きました。草戸千軒というのは、かつて福山を流れる芦田川の河口付近の港町で、船の荷下ろしとか交易の拠点として栄え、市場があったりして、家が千軒並ぶほどにぎわった町だったそうです。鎌倉から室町時代まで存在した町だったそうですが、恐らく芦田川の氾濫で、町が流されて、土砂に埋もれて、消滅してしまったという説が古くから言われています。
近年になって発掘されて、茶碗や土器などの生活用具とか、のこぎりなどの錆びた鉄製品とか、家財道具とかが出てきて、それらをイメージ的に再現してできたのが草戸千軒ミュージアムです。火山噴火で消滅したポンペイみたいに失われた町、という感じですが、まるで当時にタイムスリップしたような錯覚になって面白かったです。
その後、美術館に行って、福山城に行って帰りました。風邪が十分に治ってなくて、ロングドライブもきつかったですが、夏の思い出をつくることができました。

ところで日曜日の朝にゲゲゲの鬼太郎をやっていて、「牛鬼」の話をやっていましたね。懐かしかったです。
蜘蛛のような体に牛の頭がついていて、人を襲う恐ろしい妖怪ですが、例によって、迦楼羅(かるら)様に退治されて事なきを得ました。
迦楼羅さまとはインドのガルーダ神のことで、ガルーダが訛って迦楼羅になったみたいです。猛禽類の形をしていますが、猛禽類は毒蛇を食らうことから、毒気を払うという意味で信仰の対象になったのでしょう。カラス天狗にも似ていますし、「大巨獣ガッパ」にも似ています。好きなキャラです。
共通するテーマは、「自然に対する畏敬の念、そして懐古趣味」ということでしょうか。

https://s.mypocket.ntt.com/F99DW9

 

新居浜に来ています

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 8月26日(日)06時23分56秒
  行く夏を惜しんで、なぜか伊予に来ています。
昨日は、東洋のマチュピチュと言われている、別子銅山のマイントピアに行きました。
昨日も残暑が厳しかったですが、坑道の中は涼しかったです。山や川の景観も美しくて、四国はいいところだなと、改めて思いました。
ホテルは安宿でしたが、温泉と朝食付きです。夕食は近くの焼肉屋で腹いっぱい食って飲んで、満足しています。
残念なのは、先週に夏風邪をひいてしまって、咳や痰が止まらないことです。でも気分転換にいいかなと思って、強行しました。
今日は大三島と福山に寄って帰ろうかなと思っています。
 

夏の終わりのハーモニー

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 8月18日(土)15時46分32秒
  結局、何もしませんでしたが、のんびりできてよかったです。録りだめしたビデオとか、まとめて見れたし。
しかし、朝寝坊も気にせずに、好きなだけ眠れるというのはいいですね。

しかし、眠りが浅くなると、変な夢ばかり見るようになります。
例えば、タバコを吸うのをやめて、もう20年以上たちますが、まだ時々、夢の中で吸います。
吸いながら、「なんだ俺、タバコ吸ってるじゃんか」と自己嫌悪に陥りながらも、立て続けに2,3本吸ってしまいました。
タバコ代も今、1箱480円に値上がりですか。私が吸っていた時は、240円くらいでしたから、倍ですね。
かつての上司がチェーンスモーカーで、1日60本吸っていると言っていましたが、今、どうされているのでしょうか。
酒はやめてもタバコはやめないと言っていましたが、元気に過ごされているのでしょうか。
それに比べて、私はたまに夢の中で吸うくらいですから、タバコ代は0円ですし、健康被害もありません。
むなしいですが、タバコは止められて良かったと、つくづく思います。

他に、たまに見る夢は、使えないトイレの夢。
用を足したいのに、汚かったりとか、壊れていたりとか、仕切りがなくて周りに人がいたりとか、とにかく使いたいのに使えない。
悩んでいるうちに目を覚ます。そして、実際にトイレに行く。
つまり、実際に寝ているときにオシッコが行きたくなって見る夢なのでしょう。

でも、私の聞く話では、この使えないトイレを見る夢は、結構、他の人も見るようです。
それには理由があって、夢の中でトイレが使えないのは、オネショをさせないためだと思います。
夢の中で気持ちよく用を足して、気が付いたら本当にオネショをして、ということが人類の共通の経験にあるのでしょう。
だから、わざと使えないトイレの映像を見せるのでしょうか。
そうすると、夢の内容までプログラムされているということなのでしょうか。
一体誰がプログラムするのでしょうか。

人類がよく見る共通の夢の一つに、寝入りばなに、高いところからスッと落ちそうになる夢があります。
私も、完全に眠っていなくて、ウトウトしているときに、たまに見ます。
びっくりして目が覚めるのですが、これは、人類がまだサルだった頃、木の上で寝ているときに落ちそうになって目を覚ました名残だと言われています。
そういう風にプログラムされているとすれば、どうやって経験がDNAにプログラムされるのでしょうか。見る夢が子孫に遺伝するのでしょうか。
夢の中なので、遺伝とは別次元の話なのでしょうか。

通勤経路が分断されて、時差出勤が続いていて、平日は毎朝の4時に起きています。
特に目覚ましは使っていなくても、たいてい4時前に起きます。しかし、前日の疲れで、たまに寝坊しそうになることはあります。
そういう時は夢で、妻が叫んでいるとか、悪夢を見たりとかで、パッと起きてしまいます。時計を見ると、もうこんな時間だと慌てて出かける準備をします。
つまり、起床時間を夢が教えてくれるのです。どう説明を付ければいいのでしょうか。

先日のNHKのBSプレミアムで「異界百名山」というのをやっていましたが、複数の人が同じ不思議な経験をしているのですから、嘘ではないのでしょう。
山小屋の重い扉が勝手に開いて、修験者の杖のシャンシャンという音が気とえたとか、まっすぐ下りる道を行けども行けども到着しなくて、グルグル回っていたりとか、こういう話は多くの登山家が経験しているのでしょう。
先日の周防大島で、2歳の男の子が、3日間も山中で奇跡的に生き延びた事件も、ある面、この話の中に追加してもいいかもしれません。山の神が守ってくれたと思っていいかもしれません。
あの粘菌の研究をしていた南方熊楠も、熊野の山中で幽霊と出会って、話までしたという記録が残っているそうです。うそをつくメリットはないので、本当なのでしょう。
ただ、彼はキノコの研究者ですから、キノコの中には毒性の高いものもありますので、誤って口に入れて、幻覚を見たという可能性もあります。
また、山は酸素も少ないですし、二酸化炭素とかのガスが溜まることもあります。意識がもうろうとして、集団催眠にかかった可能性もあります。
ただ、私は信じる方ですから、実際にあったと思いたいです。

ようやく少し涼しくなりました。
朝の散歩が気持ちよかったです。来週から、がんばって仕事に行きます。
 

夏休みに突入

 投稿者:孝ちゃん  投稿日:2018年 8月12日(日)10時21分53秒
編集済
  暑い、暑い、暑い・・・。
会社にいると、使わなきゃ損とばかりに冷房をガンガン効かせているのに、家だと電気代がもったいない気がして、冷房を控えめにしています。朝晩もなかなか涼しくなりません。
昨日からやっと夏休みになりました。しばらく痛勤から解放されます。
昨日は早速、会社の同僚で幼馴染のS氏と一緒に、ウチの庭でバーベキューをしました。
豪雨災害から1か月たって、少しずつ復興に向けて進んでおりますが、田舎方面はまだまだ時間がかかりそうです。
夏祭り等が自粛ムードの中で、近所の目も気になりましたが、ああだこうだと愚痴りながら、日が暮れるまで飲み食いして、気晴らしができました。
昨日はどの飲食店も人がいっぱいで、外まで人が並んでいる店が多かったですが、ゆっくりと飲み食いできてよかったです。
この世界の片隅での、ささやかな貧者の宴でした。
 

レンタル掲示板
/29