teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1408G02支線新設

 投稿者:レイ  投稿日:2019年 2月18日(月)15時26分46秒
編集済
  相馬共同火力新地発電所近傍に天然ガス火力発電所が建設され、1408G02支線(仮称)が8基建設されました。新地火力線№1~№2間には新地火力線№1-1を新設し、1408G02支線を新地火力線に接続します。  
 

送電線の交差

 投稿者:Ton  投稿日:2019年 2月12日(火)08時44分45秒
   Tonです。今回は送電線の交差です。
 送電線はどうしても送電線が交差するケースが生じます。同時に施工される送電線同士の場合は交差鉄塔等の措置が取れますが、後から建設される送電線の場合は鉄塔を高くし上空を通過するか下を潜ることになります。
 先ず上空通過の例を275KV松島幹線で示します。275KV松島幹線は女川原発3号機対応として、275KV鳴瀬幹線(牝鹿幹線)の後に建設されH13年ころ完成しています。
 上の写真は、高い鉄塔2基で275KV牝鹿幹線の上空を通過しています。下の写真は高い鉄塔1基で275KV宮城幹線の上空を通過しています。
 上空通過の場合は鉄塔が高い(赤白)点が珍しいと言えば珍しいですが、見た目はそんなに変わった物ではありません。次は変わった交差を紹介したいと思います。
 

66KV支線式鉄柱

 投稿者:Ton  投稿日:2019年 1月29日(火)09時40分49秒
   Tonです。今回は鉄塔では無く鉄柱です。
 66KVの1回線支線式鉄柱(黒瀬線49号)で、66KV一回線は鉄塔以外ではパンザマストによる支持がよく見られますが古い鉄柱が現存しています、けっこう珍しい物と思います。
 154KVの1回線支線式鉄柱を秋田県由利本荘あたりで見たことがありますが、写真を撮り忘れ次に行ったときにはすでに建て替え済みでした。
 他の2枚の写真は、既に撤去又は建て替えられたもので、中の写真は33KV1回線吉白線27号で支線式鉄柱ですが既に撤去されています。
 下の写真は66KV1回線涌谷線木柱送電線で2002年9月に撮影したものですが、次に見に行った時は鉄塔に建て替えられていました。
 教訓、気になった又は珍しい物は必ず撮影を!!
 

V吊ウェイト付き1回線鉄塔

 投稿者:Ton  投稿日:2019年 1月15日(火)08時32分59秒
   Tonです。今回はそんなに珍しくはない物ですが。
 66KVの1回線鉄塔(池月線30号)で、V吊で跳ね上がり防止のウェイト付き鉄塔です。
 火の見櫓もアクセントになっています。
 

タイダウン鉄塔

 投稿者:Ton  投稿日:2019年 1月 2日(水)14時40分24秒
   Tonです。今年も宜しくお願い致します。
 今回は秋田県で見つけたタイダウン鉄塔(66KV田沢線105号)です。
 2006年に撮影したもので、たぶん現在は立て替えられて普通の鉄塔になっているものと思われます。
 タイダウン鉄塔は山間部の谷間に見られる様ですが平地で見られるのはごく珍しいと思われます。
 

あやとり鉄塔

 投稿者:Ton  投稿日:2018年12月25日(火)15時41分2秒
   Tonです。これから折を見て東北電力の珍しいと思われる鉄塔を紹介したいと思います。
 先ず今回は、仙台港変電所からの154KV4回線鉄塔で南仙台線1,2号21、22番鉄塔及び五港線1,2号20、21番鉄塔です
若番の鉄塔では各回線が縦に並んでいますがこの鉄塔間で各回線を横に並べるようにあやとりをしています。
五港線は次の22番鉄塔で分離し、66KV福田町変電所構内で地下ケーブルとなり154KV五橋変電所(地下変電所)へ向かいます。
 

三脚

 投稿者:Ton  投稿日:2018年12月21日(金)09時26分6秒
  レイ様、おはようございます早速返信いただきましてありがとうございます。
写真の三脚は恥ずかしながら私の物です。この場所はレイ様もご存じと思いますが南山形幹線への分岐鉄塔朝日
幹線No.267の撮影ポイントで三脚を立てて撮影後カメラは外したのですが三脚の撤収を失念し帰ってしまい、そ
の後にもう持ち去られた物と覚悟しながら現地に行ったところまだそのまま残っており、日本は本当に治安が
良いと思ったところです。
 275,500KVの超高圧鉄塔については、上部のGW用腕金のデザインに興味がありますが、最近建設されている鉄塔
については単に水平な物になっていて、朝日幹線等は適度に上向きのそり(私的にエビと呼んでいます)が入って
おり味があって良いなあと思っています。
 たまにこの掲示板に投稿したいと思っておりますので、今後ともどうかよろしくお願いたします。
 

御挨拶

 投稿者:レイ  投稿日:2018年12月19日(水)20時50分0秒
編集済
  Ton様初めまして。私は身内の土地に朝日幹線が建設されていた事がきっかけでその鉄塔を好きになりまして、色々撮影しています。昨年でしょうか。宮上線No.39巡視路に朝日幹線と南山形幹線の分岐点を向いた三脚があり、同じ送電鉄塔を撮る愛好家乃至専門家の存在を感じていましたがTon様でしょうか(もしかしたら建設中の道路を撮る他の方?)。
東北電力の500kV支持物全般に興味がある為、今後もこの掲示板を利用したいと思います。宜しくお願い致します。
 

南山形幹線No.53

 投稿者:Ton  投稿日:2018年12月19日(水)15時31分58秒
  レイ様、初めまして主に東北電力管内の電力設備に興味を持っているTonと申します宜しくお願い致します。
南山形幹線No.53については、改めて撮影した写真を観察しましたら主柱側の腕金取付部にもボルト穴の空い
たプレートが見られレイ様の言うような形に成るものと思われます。

南山形幹線については当初なにか中途半端な形と思っていましたが、「東北北部エリア電源接続案件募集プ
ロセス」によると東北電力にとって壮大な500KV送電線計画の一部の様で朝日幹線及び西山形変電所の500KV
昇圧。山形幹線の新庄変電所をバイパスし新設する八幡変電所まで延伸500KV昇圧、500KV出羽幹線により秋
田の河辺変電所へと日本海側500KV系統を整備する計画の様です。
東京電力との広域連係関係の整備と併せてウォッチして行こうと思っています。
 

154KV愛島郡山線

 投稿者:Ton  投稿日:2018年12月19日(水)14時51分3秒
   ご無沙汰していますTonです。
 昨年までは南山形幹線を中心にウオッチしていましたが、工事が終了し運用開始したので今年は新設変電所を
中心に写真撮影をしています。新設中の名取変電所(宮城県)の鉄構に回線表示板が設置されました。
 名取変電所は275KV JR新仙台線からπ分岐し257/154KV 45万KVA X2台 90万KVAの変電所の様です。
 154KV側は南仙台(変)仙南(変)間の154KV仙南線にπ分岐の割を入れるものの様です。
 接続回線名が気になりますが、275KV側は275KV名取幹線、275KVJR新仙台線という順当なところです。
 一方154KV側は仙南(変)側は154KV仙南線で変更無しですが、南仙台側は何になるか興味があるところでしたが
回線表示板から154KV愛島郡山線となった様です。由来は想像ですが地名を連結したもので名取側が愛島(めでしま)
地区、南仙台側が郡山地区の様です。
 現在名取変電所は、JR新仙台変電所(新幹線用)のすぐ近くに新設され、変電設備はほとんど完成の様で、275KV側
の鉄塔2基が基礎が終わり鉄塔の建設にかかっています。
 154KV側の鉄塔については来年発注の様で全く手つかずの状況です。
 

レンタル掲示板
/27